渋谷区の一戸建てネズミ駆除のご相談で現地調査に訪問いたしました。
1つ1つネズミ侵入経路の事例をご紹介いたします。

まずはネズミ侵入ポイントの定番、基礎部の通風口です。
最近の新築では基礎パッキンに変わってきていて、こうした通風口は見られなくなってきました。
だいぶ錆びて劣化して穴が空いていました。


こちらはウッドデッキです。
ブロック塀を土台にウッドデッキを載せています。
後から造作されたのでしょう。
ウッドデッキで見えないですが、こちらも基礎部分の通風口がしっかりと空いてネズミ出入口となっていました。

こちらも同じく通風口です。
ネズミ駆除調査に慣れていますので見逃すことはありません。

隙間からネズミが侵入してきますのでパンチングメタルで塞ぐ必要があります。

基礎からの配管導入部です。
土になっています。
ネズミは土を掘って自分が侵入できる大きさの穴を開けて簡単に侵入してきます。

これはわかりますでしょうか?
2階へ続く赤青の配管が出ています。

これは2階の洗面所への配管です。
あらゆる配管が完全にむき出しになっています。
ネズミは配管の上もヒョイヒョイと簡単に歩くことができます。
赤と青の配管ホースも余裕で行き来していると想像できますね。

マウス&バスターズ東京お問い合わせ