自分で行うネズミ侵入口封鎖(屋外編-初級)

自分でできるネズミ侵入口封鎖の屋外編です。

ほとんどの家にあるものを使ってネズミの侵入口を塞ぐ初級編として、ご紹介いたします。
塞ぐ材料が長期使用に耐えられるものではないので一時しのぎとなりますが、侵入口を封鎖してみることでネズミの気配がなくなったのであれば、ネズミの侵入経路として正解だったということになります。
まずは試してみてネズミがいなくなれば上級編でしっかりと塞いでみてください。
それでもダメならネズミ駆除業者に依頼するのが一番の近道です。

ご用意いただくもの

・ダンボール
・ガムテープ
・雑巾やタオル

■床下通風口

床下通風口に指3本くらいの隙間であれば、雑巾やタオルを丸めて突っ込んでみましょう。
親指と人差し指の2本で引っ張っても抜けないくらいの感じでしっかりと突っ込むことが大切です。
ネズミも意外と力持ちなので、突っ込んだものがすぐ抜けるようだと引っ張って外してしまいます。

通風口が外れかかっていたり、雑巾やタオルでは塞げないくらいの穴が開いていたら、ダンボールを通風口の大きさに切ってガムテープで貼り付けてください。

その際、ダンボールを通風口の大きさピッタリに切って貼ることが重要です。
ちょっとした隙間があるとネズミは隙間部分を齧って穴を広げることができるからです。ダンボールの表面はツルツルしているので、とっかかりさえなければネズミは齧ることができません。

ダンボールで通風口を埋めてしまうので床下の風通しが悪くなり、シロアリが繁殖しやすくなる恐れがあります。
長期的な封鎖はやめて置いた方がよいでしょう。

ネズミが出なくなるのがわかったら上級編の資材で塞ぐか業者に頼んでくださいね。


■エアコン室外気の配管導入部

エアコン室外機の配管周りのパテが劣化していたら、
穴の大きさに合わせて雑巾やタオルをカットして突っ込んでください。
パテの周りを齧って穴を広げる可能性があるので、配管に合わせてタオルを巻いて紐で縛っておきましょう。


■給湯器配管導入部

給湯器の周りに鉄板がある場合、その鉄板の隙間を雑巾やタオルでしっかりと埋めてみてください。
鉄板がない場合も、給湯器や配管と壁との間に隙間があればタオルをカットするなどして埋めます。配管などは壁側でタオルを巻いて縛って侵入経路を遮断するようにしてみてください。


■壁水切り部

水切り部の隙間はできれば金網やパテで隙間を塞ぐのがベストですが、
どうしても用意できなければタオルや雑巾をカットして隙間に突っ込んで塞ぎます。
タオルや雑巾が濡れないように水切り部をはみ出さないようにするのが大切です。
濡れてしまうとそこから床下基礎の内側に水が染み出していってしまい
水切りの役割がなくなってしまうためです。
床下基礎が濡れていると害虫やシロアリ発生の原因になりますのでご注意ください。
水切り部は非常に難しいところです。


■換気扇

換気扇の排気口も初級編では難しいところです。
換気扇を使った際に空気が流れる箇所ですので、ダンボールなどで塞ぐと換気扇が使えません。
まずはネズミがジャンプできるような足場がないようにしたいです。

もしどうしても塞ぐとすれば一時的に換気扇を使わない覚悟でダンボールとガムテープで塞ぐしかありません。
とりあえず侵入口だった確認する意味で一時的に塞ぐことです。


■雨戸袋

雨戸袋も戸袋の中に雨戸が入っているものなので雨戸を引出す際に手を入れる隙間がどうしても必要になりますね。
こちらも、とりあえず塞ぐということであれば、ダンボールを使って閉じてしまいます。
雨戸が使えないので一時的な方法です。


■軒

軒天の隙間は、閉じるよりもまずはネズミが足場になるようなものを動かすことです。
どうしても動かせないものがあれば、軒天の隙間を塞ぎましょう。

タオルか雑巾をカットして隙間を塞ぎます。 高い位置にある場合は無理して作業するのは危険ですのでおやめくださいね。