川崎市中原区の築44年の一戸建てのネズミ駆除になります。

ネズミが室内に入りこんでしまっており、お菓子やお米の袋をかじったり、麺類の袋などかじり破って困っているとのことでした。

ウイルスなどの心配もあり、早めに対処をお願いしたいとご要望です。

ネズミはこうした食材をかじられるなどの被害だけでなく、細菌やウイルスをあちらこちらにばら撒いていく恐ろしい動物です。中世に流行ったペストの大流行はネズミを媒介していたという話で有名です。

中原区のネズミ駆除の事例

中原区のコチラのお宅では、ネズミがどこから入りこんでいるか検討もつかないということでしたが、ネズミのフンやラットサイン を見ていくとすぐにわかります。

ネズミの侵入箇所となる

川崎市中原区のネズミ駆除

雨戸袋の箇所は、ネズミが侵入しやすいポイントとなります。

最近は全く使っていなかったそうです。
雨戸を設置していても、最近は使わないというお家も増えていると思います。

そのままにしていますと、ネズミが出入りするだけでなく、ゴキブリなどの害虫の巣にもなりかねません。

川崎市幸区のネズミ駆除

雨戸を使わないということで、パンチングメタルで閉塞いたしました。

他にも床下換気口や、エアコンホース部分、和室長押など、室内にネズミが侵入する箇所がいくつかあり、全て封鎖工事を行いました。

外にも中にも物を置かないことがネズミ対策の第一歩です

ネズミは、隠れる場所が多い家のほど入ってきやすくなります。

まずは外周部において、庭やベランダに物が多く置いていないでしょうか?

植木鉢やプランターなどは多くのお家で置いてあると思いますが、せめて間隔を開けておいてください。ネズミは植木鉢の物陰に隠れたりしながら、家の隙間がないか探ります。

庭やベランダに使っていないものが置きっぱなしになっていないでしょうか?

使っていないものは全て、家の中や物置にしまうなどして、何も置いていない状態を作ることがベストです。

ネズミは堂々と道の真ん中を歩くことはほぼありません。

物陰に隠れながら少しずつ移動してきます。
何も物がないと歩きづらいため、壁などの端っこを一気に走っていきます。

物があることで、ネズミの隠れ場所となり、家にネズミを招きやすくなります。

ネズミが家に入り込む目的は様々です

ネズミが家の中に入ろうとするのは、本当に様々です。

ネズミが食料を求めて入ってくると思っている人が多いと思いますが、必ずしもそうではありません。

出産場所を探して屋根裏に入るネズミ
雨風や冬の寒さをしのぐために入ってくるネズミ
興味本位で入ってきたネズミが住み着いてしまう
もちろん食料を求めて入ってくるネズミも

家の屋根裏を寝ぐらにしながら、食事は外に出て食べてきて、また寝ぐらの屋根裏に戻ってくるという生活をしているネズミもいます。

今回の中原区のネズミは、食料をあさっていたようです。

こうした場合は、食品関連は全て冷蔵庫や棚の中にしまい、出しっぱなしにしないことが先決です。

いずれにしても、根本的なネズミ侵入口を封鎖することが、ネズミ被害を出さないためにも、重要となります。

株式会社マウス&バスターズ東京

3年間の長期保証と当社施工箇所以外の再侵入も保証対象の建物全体保証
ねずみ駆除は2日間で完了します!