目黒区の一戸建てのネズミ駆除ご依頼でした。

夜中に、食卓にあったパンをかじられてしまいました。先日、大掃除をしており、ダニが気になっていたので、ドラッグストアへ「バルサン」を買いに行ったら、「ネズミ」の話になり、今いるダニを駆除出来ても、新たにネズミが運んでくるので、まずは、ネズミを駆除する事ですね。とおっしゃったので、調べて、ご連絡させて頂きました。

ドラッグストアの方はよくネズミについてご存知ですね。ネズミはダニやウィルスなどを運んできますので本当に注意が必要です。

目黒区ネズミ駆除(一戸建て)

今回の目黒区のネズミ駆除のご依頼は、築38年の一戸建てです。

パンをかじられたということで、室内にまでネズミが侵入してきており、行動が範囲が広がっている状態です。

壁や天井からネズミの足音が聞こえているだけでしたら、まだネズミ自体を見ていないので、ネズミの行動範囲も広がっていないと思われます。

今回のように、行動範囲が広がってくると、台所の食品をかじられたり、部屋のあちらこちらでネズミのフンが落ちていたりと被害が拡大していきます。

こちらの目黒区のお宅にお邪魔するとすぐにネズミの出入口がわかりました。

長押はネズミ侵入ポイントの1つ

目黒区ネズミ駆除

一戸建ての長押(なげし)です。
この長押がネズミ侵入口となっている場合がかなりあります。
目黒区のこちらのお宅も長押からネズミが入りこんでいました。

中央に少し黒い汚れが見えますが、これはネズミの体の汚れが付着するラットサイン です。

目黒区ネズミ駆除

長押の部分は下からは見えないため、わかりにくいのですが、上から見ると、このように隙間だらけのままになっていることがほとんどです。

長押は見えない部分が多いので、家を建てた時からずっと隙間が開いたままになっていることが大半です。

壁紙は少し劣化していますが、そもそも下まできちんと張られていることはあまりなく、見えないからと途中で張り終えていることが多いです。

こういう小さなところで利益を出しているのでしょう。ほんの少しの隙間でもネズミはかじって穴を広げて侵入してこようとします。

長押は金網で封鎖

目黒区ネズミ駆除

長押のネズミ対策に使用しているものは、黒ビニールコーティング金網です。
多くの業者では柔らかい金網ですが、当社では硬めの素材でできており、ビニールなので劣化しにくい物を使用しています。

現地調査に行くと、以前施工した駆除業者のものが残っていることもあります。
多くは緑色の金網です。

緑色の金網は園芸用のもので、とても安く、ハサミで切れます。
同様にネズミの歯でしたら、簡単に切断されてしまいますので、ネズミ再発の心配があります。

また、柔らかい金網だとだんだん隙間ができてしまったり、劣化してしまうこともあります。

当社は3年保証が基本ですので、ネズミが再発しないように、どの資材も、少々高くても硬くてしっかりした素材を使うようにしています。

目黒区のネズミ駆除について区のホームページに掲載されています

目黒区のホームページにネズミ駆除について書かれています。

https://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/hoken_eisei/eisei/nezumi_gaichu/nezumi.html

その中で、殺鼠剤や忌避剤について的を得た内容が載っていますので、参考になると思います。
どれも一長一短があり、それだけで完全駆除ができるものではないと断言されていますね。

侵入口を塞がなければネズミは再発しますので注意が必要です。

一戸建てのネズミ駆除も2日間で完全駆除しています。
現地調査・お見積もり無料です。ご相談ください。

マウス&バスターズ東京お問い合わせ