横浜市のネズミ駆除は2日間で完了3年間の保証付き

横浜市のネズミ駆除は3年間保証付きの当社にお任せください。
ネズミ完全駆除を2日間で終わらせます。
下記にネズミ駆除事例もご紹介しておりますのでご覧ください。

横浜市のネズミ駆除は2日間で完了・3年間保証付き

ネズミをたった2日で完全駆除

ネズミ駆除後は3年間保証付き

ネズミ侵入口の封鎖施工をキレイに作業

横浜市ネズミ駆除の現地調査は一切無料でお伺い

ネズミ駆除の現地調査に無料でお伺いいたします。
公共交通機関を使ってお伺いしますので、駐車スペースなどのご配慮いただく必要もございません。
交通費等もいただきませんので安心してご依頼ください。

ネズミの気配がする。ネズミのフンらしきものがある。などネズミを見ていないくてもご相談ください。

ネズミ現地調査は1時間ほど。下記の箇所をチェックいたします。

外周部のネズミ調査

家の内部のネズミ調査

横浜市のネズミ駆除は2日間で完了します

ネズミ駆除に1ヶ月、2ヶ月、時には3ヶ月もかけている業者がほとんどです。
ネズミを早くなんとかしたいと思ってプロに頼んだのに、あと3ヶ月も我慢できますでしょうか。

当社のネズミ駆除は2日間2回の訪問で完了させます。

ほとんどの方はネズミ駆除初日で「ネズミの気配がなくなった!」とおっしゃっています。
ネズミは常に出入りしています。昼間は静かなのに夜になると音がするのはそのためです。

常に出入りしているネズミに対して、ネズミがいない昼間に粘着シートを敷いたり、殺鼠剤を置いたりと作業するのは無駄な動きだと当社は考えます。

まずはネズミの出入口を先に塞いでしまうことが秘訣です。
侵入口を塞いでネズミがいなければそこで完了し、建物内に残っていた場合には、粘着シートや殺鼠剤で捕獲します。出口を塞がれたネズミはパニックになり、粘着シートにかかりやすくなります。

こうしたネズミの習性を熟知した上で行うネズミ駆除は、無駄がなくスピーディーに完了できます。

万一、ネズミが再発しても3年間の長期保証をおつけしていますのでご安心ください。

横浜市はネズミ駆除後3年間の再発保証付き

横浜市内全域、ネズミ駆除後は3年間の再発保証をおつけしています。

ネズミ駆除をして侵入口を塞いでもネズミは再発することがあります。
どんなプロの業者でもネズミが再発したことは1度もないという業者はありません。

侵入口となっていた場所を全て塞いでも、別の場所を齧って穴を開けたり、コンクリートさえも齧って侵入してきます。それほどネズミの元いた場所に戻ろうとする帰巣本能は大変強いものです。

そのため、ネズミ駆除後は保証をつけることが必須となってきています。
保証がないのは論外です。1年保証でも心許ない。そのため、

当社は3年間の長期保証をおつけしています。

保証期間中にネズミの再侵入があった場合には、何度でも無償でご対応いたします。

建物全体のネズミ再発保証

保証の範囲も非常に大切です。
多くの業者は、侵入口を封鎖した箇所のみの保証となっています。

ネズミ再発の一番の理由が、別の場所に穴を開けて侵入してくることです。
そのため、施工した箇所のみの保証はほとんど意味がないと当社は考えています。

施工した場所とは別の場所なのでネズミ保証対象外となって追加料金が発生してしまいます。

そこで当社では、施工した箇所以外からネズミが再侵入した場合でも全て保証とする
建物全体のネズミ再発保証」としています。

当社が作業したネズミ封鎖箇所はもちろん、全く別の場所からネズミが侵入してきても保証対象といたします。

せっかくプロに依頼するのですから、ネズミの再発に不安にならずに過ごしていただきたいと思っております。

ただし、下記の場合は保証対象外となってしまいますので、事前にお知らせください。

  • 家のリフォーム
  • エアコンやソーラーパネルなどの設置
  • 大きさ地震などの災害

これはどうしても、ネズミが侵入できる隙間を作ってしまうものです。エアコンの設置程度でしたら、設置する1週間前にご連絡いただければ、無償でネズミ対策施工をいたしますので、いずれにしてもご連絡ください。

ネズミ侵入口の封鎖をキレイに施工

ネズミ駆除の工事といえども、見た目もキレイにしておきたいと思うはずです。
安い業者や経験のない業者に頼むと、ペラペラのすぐ錆びるような金網を使っていたり、酷い場合には穴にブラシを突っ込んであるだけという場合もあります。

横浜市保土ヶ谷区ネズミ駆除3836
ネズミ駆除業者がこのような作業をしている場合も。

当社はネズミ侵入封鎖も見た目をキレイにするよう心がけています。
侵入口の大きさにピタリと合わせて、違和感ないように封鎖していきます。
封鎖は大きすぎても小さすぎても良くなく、ネズミの再侵入とキレイさのバランスを取りながら施工していきます。

横浜市のネズミ駆除の作業事例

横浜市のネズミ駆除の事例をご紹介いたします。
戸建の一般住宅から飲食店・ビル・スーパー・施設まで幅広くご対応しております。

横浜市保土ヶ谷区のネズミ駆除

横浜市ネズミ駆除は、保土ヶ谷区の築38年の一戸建ての方からです。

昨年10月より何か食べられてる形跡がありました。12月にねずみ駆除業者に依頼して駆除してもらいました、今も3日に1度程度で被害が持続してます。先ほど初めてねずみの姿を確認しました!多分クマネズミだと思います。

ご依頼いただいたのが4月でしたので、かれこれネズミ被害が半年も経過している状況です。
ネズミ駆除業者に依頼したにも関わらずネズミ被害が止まっていないということで当社にご相談いただきました。
時間が経てば経つほどネズミの行動範囲も広がって被害が深刻化してしまいます。

家の外周部を確認すると基礎部分と建物の間に隙間とわずかなズレが生じています。
こうした箇所からネズミが侵入していきます。業者はここは封鎖していなかったようです。

先ほどご紹介したブラシが突っ込んであるだけの箇所です。
ブラシは引っ張ればすぐに抜ける状態でした。
頑丈な黒の金網でしっかり封鎖いたしました。

配管導入部は封鎖されていたようです。
立って歩いて見える穴だけ塞いだ印象です。

家の外壁部分を下からのぞくと、ご覧のようにスッポリと隙間ができています。

ネズミの目線に立って侵入口を塞がないといけません。
指を入れて確認したり、スマートフォンを入れ込んで写真を撮ってみたり、時には這いつくばって確認することもとても大切なことだと実感します。

黒い丈夫な金網とパンチングメタルを取り付け、ネズミの侵入口を丁寧に封鎖していきます。

この金網ですが、よくある緑色のものは園芸用のものです。
緑色のものを使っている横浜のネズミ駆除業者もいますのでご注意ください。
園芸用のものはとても弱くネズミでも齧ってしまいます。

この黒い金網はとても硬くネズミでもそうそうかじり切ることはできません。
3年間保証するわけですので、こうした資材一つにもこだわりが大切です。

横浜市鶴見区のネズミ駆除

横浜市鶴見区の方から「1階にも2階にもネズミが出ていて大変困っている」とご連絡を受けました。こうした上下階に渡って被害が出るのは、クマネズミであることがほとんどです。

横浜ネズミ駆除侵入口

横浜市鶴見区のネズミ駆除の事例は、1階が飲食店で2階が住宅になっています。
以前からたまにネズミの侵入があったようですが、11月に入り寒くなってから頻繁にネズミが現れるようになったとのことでした。

横浜市の繁華街はネズミ被害が非常に多いのですが、今回は繁華街ではなく、中心部から少し離れた住宅地の中の飲食店です。

1階だけでなく、2階の部屋にもネズミが侵入している形跡が見受けられました。

横浜ネズミ駆除侵入口

なんと、水道メーターの周りの土を掘って、地下からネズミが出入りしていました。
この水道メーターの上にも板が置かれて物が置いてあったのですが、よけていただき、ネズミの侵入口を発見しました。

写真左側の黒くなっている箇所に丸く土が掘られており、ネズミ侵入口となっていました。

土になっていた部分から2度とネズミが侵入できないよう、水道メーターの周りをモルタルで閉塞いたしました。写真中央です。

一番の右の写真、わかりにくいので閉塞した箇所を赤で塗っています。

このネズミの侵入口はプロのネズミ駆除業者でもなかなか見つけることができないかもしれません。

また、外に自販機があるのですが、その裏側にスッポリと大きな穴が空いていました。
換気口だと思いますが、蓋も外れており、内部から自販機が丸見えの状態になっています。

こちらも金網を丁寧に織り込んでコーキング剤を使って封鎖いたしました。
ネズミに押し出されたのでしょう。蓋が落ちていましたので、こちらも閉塞しました。

こちらの横浜市鶴見区のネズミ駆除も完了まで2日間2回のご訪問でした。
ネズミ駆除完了後3年間の保証もおつけしています。

横浜市西区のネズミ駆除

横浜市は一戸建てのみならず、店舗・施設でのネズミ駆除のご依頼も非常に多いです。

飲食店です。現在ねずみ駆除の業者さんに定期的にきてもらっていますが最近また出没していて、自分で粘着シートを買って5~6匹はとりましたが、なかなかあとを絶ちません。最近は今まで食べなかった食材までかじるようになって、困っています。電話はいつでも大丈夫です。

こちらもネズミ駆除業者が入っていながらもネズミ被害が止まらないケースです。
駆除業者にもゴキブリに強いがネズミは苦手というところも多くあります。
特に飲食店などへ定期的に訪問する業者はその傾向が強いです。

ちなみに、当社は飲食店や施設へはネズミ駆除しかしないネズミ専門としています。

どこがネズミの侵入口になっているか調査したところ、店舗の勝手口でした。

横浜市ネズミ駆除1
横浜市ネズミ駆除

横浜の飲食店舗の勝手口です。訪問した際にこのようにすでに床が変形してあちこち隙間ができている状況でした。この隙間よりネズミ侵入していました。

どうやら地盤沈下が発生しており、そのせいで床に歪みが生じ、隙間ができてしまったようです。

破損した床を撤去し、砂利を入れます。

横浜市ネズミ駆除8

コンクリートが固まり完成です。

右下のメタルで封鎖しているのは今いる業者が封鎖したようです。
ここを塞いで、床は塞げないと判断したのでしょうか?明らかにネズミ侵入口となっていました。

その後、ネズミはピタリと止まったとのことで安心いたしました。

今回はネズミ駆除でも珍しいケースでした。
当社はこのようなコンクリートを使った床下の補強もします。

簡単なネズミ駆除の現場もあれば、このようにちょっと変わったネズミ駆除対策の現場もこなします。難しい現場であるほどテンションが上がります。

他社が諦めるようなネズミ被害も確実に止めていきます。

横浜市のネズミ駆除の費用について

横浜市のネズミ駆除の費用は、一戸建て住宅を例にしますと築年数30年くらいで駆除費用15万円~20万円前後が一般的です。

築年数が経過していますと、どうしてもネズミが侵入できる隙間が多く発生してきます。
また、封鎖する箇所も多くなりますので、少なくとも15万円以上の駆除費用となってきます。

ネズミ駆除には必ず保証を付けてもらうようにしてください。
3年以内にネズミ被害が再発するのは2割くらいあります。
これはどんな優秀な駆除業者が作業をしても再発の可能性があります。

ネズミはコンクリートでさえも齧って元いた巣に戻ろうとします。
1年ではちょっと短いですので3年くらい保証があると安心です。

ネズミ駆除の料金が安いからと保証が3ヶ月、半年だったり、無かったりすると、結果的にまた別途料金が発生して高くついてしまうことがほとんどです。
その場合、別の業者に依頼する方が非常に多く、結局15万円、20万円の費用を新たにかかっているのを見るととても残念に思います。

横浜でのネズミ駆除は15万円~25万円の相場と割り切って、業者選びをすると間違いがないと思います。

ネズミ駆除で30万円を超える金額になることは稀です。
築年数が非常に経過しているか、ネズミ屋敷のようになってしまっている被害がかなり深刻な場合を除いて、大体20万円代でおさまります。

ネズミ駆除の見積りが30万円を超える場合は、別の業者にも相見積もりをすることを強くおすすめいたします。

ネズミ駆除は、費用と保証期間とのバランスだと思っています。
保証期間が長く費用が高くても、費用が安すぎて保証期間が1年未満もバランスが悪いと考えています。

一度ネズミ被害に遭うと再発することがとても多いです。保証期間外で再発すると新たな駆除費用が発生してしまいます。

ネズミ駆除2日間で完了3年保証付き、現地調査・お見積り無料・年中無休・24時間受付